早漏の原因

早漏とは、性交中に男性が早い段階で射精してしまうという症状の事です。英語では、PrematureEjaculation、略してPEと呼ばれています。相手を満足させてたいと望む男性にとって、自分の方が先に果ててしまうというのは不本意な事である為、症状が出た男性は、一刻も早く改善したいと望む事が多いです。

PEの原因としては、主に、性経験が浅い為に性的刺激に対する耐性が付いていなかったり、性欲を制御する方法が未熟等の原因が挙げられます。これは過敏性早漏と言われ、経験以外にも、感覚神経が過敏な事も原因となります。このような原因の場合には、性交を行う回数が増えるごとに、自然と刺激に慣れてきて、制御できるようになる場合も少なくありません。

それ以外に、包茎が原因の場合、過去の失敗などによるトラウマによる心因性の場合、加齢が原因で起こる場合などがあります。また日ごろからストレスがたまっている事も原因となる場合があります。セロトニンが少ない事も原因と考えられています。セロトニンを増やす事が重要になりますが、トリプトファンを摂取するのが最も簡単です。トリプトファンを多く含む食材をとるように心がけましょう。

また、これらの複数の原因を複合している場合も多く、その場合には、その原因にあった対処法が必要になります。いずれにしても、なかなか改善が見込まれない場合は、早めの対処が必要になります。相手が満足できずに別れる事になったという話はよくあります。

一番即効性があり効果が高いのは、早漏防止薬による改善です。パキシルやプリリジーなどのセロトニン再吸収阻害薬も、PE治療薬の1つとして挙げられます。これらの薬は、もともとはうつ病の治療に用いられていた薬なのですが、作用の1つに性欲の減退作用がある為、急激に性欲が高まって、早漏防止の効果が期待できるのです。

ただし、これらは保険も効かず、自由診療となるので、病院で処方してもらうと1錠3000円前後します。性交の度に購入していたらかなりの出費となってしまいますが、実は、インドは薬事法が異なるので、他の国ではまだ販売していないジェネリックが販売されています。ジェネリックなので1錠200円から300円と大変安くなっています。そのような薬は、日本では通販などを利用すれば購入する事ができます。最近はタダポックスなどが人気の薬となっています。悩んでいる方は、是非試してみましょう。