早漏はデメリット

カップルの仲が成熟して行けば、自然と性交へと至ります。プラトニックな関係もまた尊い愛のカタチですが、一般的な男女交際が続けば、やはりカップルは相手の身体を求める事が多いです。性交は決して不純なものではなく、ごく自然の営みでしょう。

ただ、近年では性交に対して前向きになれない男子が増加傾向にあると言われています。その原因の一つとして挙げられているのが、いわゆる早漏という問題です。男性器に問題を抱えたままでは、性交を楽しむ事が出来ません。相手を満足させる事が出来ず、自分の能力を責めてしまう男性も珍しくありません。特に日本国内では性交の際、男性側が常にリードしなければいけない、という慣例が残っており、主導権を男性に委ねる女性も多いです。その為男性側に大きなプレッシャーが加わる事になり、劣勢感がさらに悪化してしまう結果になる事もあります。

また、相手が満足せずに、それが原因で別れや離婚となってしまう場合も多々あります。自分は満足していないのに男性だけが達してしまっては、女性が不満を覚えるのは無理もない事かもしれません。様々な調査がありますが、女性は10分以上の挿入を希望している事が多いようです。それ以下では物足りないと思われてしまう確率が高いです。

既に結婚し、子作りのシーズンに入っているならば、対策は急務かもしれません。どうしても射精が制御出来ないと、子作りが円滑に進まず、夫婦がやる気になっても、なかなか受精に至らぬ結果に終わってしまいます。時間に余裕があっても、射精出来る回数や量には限界があるのも事実でしょう。精力を蓄えても、肝心のタイミングや場所が良くなければ、子作りが成功しません。

さらに深刻な状態だと行為の最中に、無自覚な射精が起きてしまう事もあり、避妊具の装着時などにも、ちょっとした刺激を大きく感じてしまい、誤って達してしまう男性が数多いと言われています。今は早漏防止効果の高い治療薬も多くあるので、悩んでいる方は試してみましょう。病院に行くのは恥ずかしいという方も多いかもしれませんが、通販で誰にも知られずに購入する事もできます。