早漏防止対策

早漏防止対策には、様々な方法があります。主な対策には、どのような方法があるのでしょうか?

①スクイーズ法、セマンズ法

自分一人で、あるいは相手の協力によってトレーニングする方法です。お金はかかりませんが、時間がかかり、根気のいる方法です。ただし、誰でも確実に効果があるわけではないようです。

②手術

病院で手術をしてもらう方法です。しかし、実際には包茎手術とほぼ同じ手術であるケースが多く、早漏に効果があるかどうかは疑問視されています。保険適用外なので、費用も数十万単位となります。また失敗してしまう危険もあります。

③注射

陰茎に薬剤を注入して感度を鈍くします。吸収タイプと定着タイプの2種類があります。手術同様保険適用外でやはり高額になり、安全性についても十分な検証はされていません。

④塗り薬、スプレー

敏感な事が原因である方には、直接塗ったりスプレーをする事で早漏防止ができます。リドカインなどの塗り薬は、麻酔効果があるので、一定時間感覚が麻痺し、快感を感じなくなります。スプレータイプのリドスプレーなどは、同じように麻酔効果があるスプレータイプのものです。

⑤治療薬

今のところ、もっとも多くの方に即効性があり、経済的にもあまり負担にならない方法です。ポゼットやタダポックス等、様々な早漏防止薬があります。1錠服用するだけで射精までの時間を3倍から4倍に延ばす事が出来ると言われています。インドのジェネリック薬もあるので、通販で安く購入出来ます。

⑥その他

それ以外の早漏防止対策として、性交の際に自分が射精し易い体位を確認し、なるべく射精し易い体位はしない(一般的には正常位はし易く、測位はし難いと言われています)また、何度も可能な方は、性交の前日や直前に一度自慰をしておき、興奮を抑えておくという方法もあります。運動不足や睡眠不足もセロトニンが分泌されなくなるので、早漏になり易いと言われています。その他、バランスのとれた食事をとるなど、日常生活でも気を付けるようにしましょう。