早漏の定義

早漏というのは、男性にとって大きなコンプレックスとなりえます。特に日本人男性は多いと言われていて、2人に1人が早漏だというデータもあります。人知れず悩む方は、非常に多いと言えます。しかしながらデリケートな悩みなので、男性同士でもなかなか話し難い事でしょう。

そもそも、早漏とは明確な定義はあるのでしょうか?説は様々ありますが、2008年の第103回米国泌尿器科学会で、世界的な水準が定められました。
1、挿入する前、もしくは挿入して1分以内に射精してしまう。
2、挿入後に自分の意志で射精を遅らせる事ができない。
3、十分な挿入により相手を満足させる事が出来ない為に、性交が苦痛、フラストレーションに感じる。

以上のうち、ひとつでも当てはまれば早漏と言えるそうです。

つまり、具体的な時間はあまり関係なく、自分の意志で制御できるか、相手が満足できるかが最も大切という事です。たとえ平均時間よりも短くても、それが自分の意思で、なおかつ相手が満足していれば早漏ではないと言えますし、逆に、平均時間よりも明らかに長かったとしても、それが自分の意思でなかったり、相手が満足していなければ早漏という事になってしまうかもしれません。

また、女性の満足度をメインで考えると、同じ男性であっても、相手によって早漏かどうかは変わるかもしれないという事です。女性がどれくらいで満足するかは個人差がありますし、長すぎるよりは早い方がいいという女性もいます。ただ、やはり1分ではどんな女性でも満足しないのではないでしょうか。女性の為にも、男性のプライドの為にも、やはりあまりにも早すぎるのは改善したいところです。

改善するには?

改善するには様々な方法がありますが、最近はポゼットやタダポックスなど、早漏防止に非常に効果があり、しかもジェネリックの安い治療薬が販売されています。自分で改善するには時間がかかりますし、病院や手術は恥ずかしかったり金銭的に問題になったりします。最も経済的である程度効果も期待できるのは治療薬の服用となります。今はネットから通販も出来るので、誰にも会わずに購入できるので、日本でも大変人気になっています。